本間さん家のおにぎり弁当

riceball

おにぎり弁当は、本間家では頻繁に登場します。

まず、おにぎりは米が大切です。

パルフーズでは、粒がしっかりしているので潰れにくい、つや姫を使用しています。

そして海苔は有明産、塩はゲランドの塩を使用。

海苔の旨みが凝縮された有明産の海苔と、ミネラルが豊富なゲランドの塩は香りも良く食欲が出ます。

本間さん家のおにぎり弁当をご紹介します。

つや姫

rice

有明産のり

ゲランドの塩

目次

筑前煮

野菜を鶏肉と一緒に優しい味に煮付けました。


初めに炒め合わせることで、野菜に味が染み込みます。

家の食卓で出すと里芋が一番人気ですが、お弁当では、全てきれいに食べてくれています。

焼きそば

おかずで焼きそばは珍しいですが、我が家では醤油味の味付けは、おかず焼きそばです。

由来は私の母がお弁当に入っていた焼きそばでした。

東北で育った母は、お肉の代わりに乾き物で代用することがありました。

小海老からは出汁が出て、とても美味しくなります。

ソースではなくシンプルに醤油です。

具材の野菜はキャベツと玉ねぎだけで、野菜の甘みが引き立ちます。

豚の生姜焼き

豚肉は積極的に取り入れます。

生姜で胃腸の調子を整えて豚肉で疲労回復を助けます。

おにぎりとも相性は抜群です。

原材料名

米(国産)、豚肉、小麦粉、里芋、玉ねぎ、レンコン、鶏肉、キャベツ、ピーマン、ごぼう、ニンジン、大根、いんげん、発酵調味料、シイタケ、砂糖、酒、塩、えび、のり、ショウガ、ニンニク、かつおぶし粉末、こしょう、大豆、植物油脂、ぶどう糖果糖液糖、醸造酢、でんぷん粉(一部に小麦・豚肉・鶏肉・大豆・えびを含む)

添加物

調味料(アミノ酸等)、グルタミン酸ナトリウム、かんすい、増粘剤(加工デンプン、タマリンド)、クチナシ色素、甘味料(甘草、ステビア、サッカリンNa)、酸化防止剤(V.C)着色料、コハク酸、乳酸

栄養成分(1食あたり)

  • 熱量:659.91kcal
  • たんぱく質:21.62g
  • 脂質:14.8g
  • 炭水化物:108.65g
  • 食塩相当量:3.55g
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる