本間さん家の海苔弁当

弊社スタッフ考案のお弁当「本間さんの海苔弁当」について、ご説明いたします。

目次

考案の経緯は、家族への愛情と自分の”ご機嫌”

元々、お弁当は会社のために考案…というよりも、ご家族のために作られたお弁当でした。

鰆の西京焼き蓮根の明太子和えなど、本来であれば手のかかる料理です。

しかし、こういった料理を作るときは、ご自身のご機嫌が密接に関わっているようです。

「仕事で良いことがあった」「お父さんからプレゼントをもらった」「子供がご機嫌」などなど、嬉しいことがあったとき。

お母さんから家族へ送る、ちょっと贅沢な手作りお弁当です。

ぜひ手にとっていただき、母の味をご賞味ください。

具材

お弁当を構成する、手作り具材です。

鰆の西京焼き

身が柔らかく、骨抜きなので、とても食べやすいです。

品の良い甘味で、ご飯との相性も抜群です。

仕入れ産地は、社長自ら選んでおります。

鶏の唐揚げ

下味がしっかりと入るように、前の日から漬け込みます。

誰でも好きな唐揚げを、海苔弁当に2個も入れました。

毎日、仕事をがんばる皆さまを思い、その「もうちょっと食べたい!」に応えました。

竹輪の磯辺揚げ

そのままでも美味しい竹輪を、小麦粉にたっぷり青海苔を入れてカラッと揚げました。

もし冷めたとしても、十分に美味しくいただけるよう、太めの竹輪を使用しております。

ほうれん草とチーズの卵焼き

ほうれん草とチーズの最強コンビです。栄養満点!チーズで免疫力アップを図ります。

蓮根の明太子和え

シャキシャキの蓮根に、美味しい明太子をたっぷりくわえマヨネーズで和えた、明太子の旨味が蓮根に絡み、マヨネーズが塩味をまろやかにしています。

パパはこれを食べると、ビールが欲しくなると言われます。

家族全員が大好きな副菜です。

お弁当は主菜は期待しているものですが、副菜を食べた時に、美味しいと感激しますよね。

「もっと食べたかった!」を意識して副菜も力を抜きません。

牛肉のしぐれ煮

ほどよく脂の入った牛肉を、ご飯に合うように甘辛に仕上げました。

煮すぎると、しょっぱくなるし、お肉も固くなるので短時間で調理しています。

煮物はいったん冷めるときに、味が食材に入り、旨味も増していくので冷まします。

時間を置くことが大切です。

玉ねぎを一緒に煮て、調味料の砂糖を抑えて、優しい玉ねぎの甘さを引き出しています。

かぼちゃの煮物

かぼちゃは箸休めを意識して入れているので、味付けはしていません。

素材を楽しんで下さい。

ほうれん草の胡麻和え

黒ごまより、白ごまのほうが香りが柔らかいく、主張し過ぎません。

栄養価の高いほうれん草を取り入れた一品です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ぜひ手作り具材をお楽しみください。

この弁当が美味しかった!またはこういったお弁当を食べたい!と思った方は、ぜひアンケートから投稿ください。

あわせて読みたい
販売店舗 【新宿区】 新宿三井ビルディング 東京都新宿区西新宿2-1-1-1階 営業時間:11:00〜14:00 新宿モノリス 東京都新宿区西新宿2-3-1-地下1階 営業時間:11:00〜13:45 新宿第...
目次
閉じる